top of page
Why we do what we do.

We moved out of the city and on to the land that has become our farm in 2010.

Tired of concrete and pollution, our goal was to create a little piece of paradise.

We believe that humanity is an integral part of nature and has as much right to be here as the trees, the bugs and the sky.

While many people say that “humanity” is responsible for the degradation and destruction of nature, that it has brought about the climate crisis we face, that the world would be better off without us, we disagree.

We believe that it is a lack of humanity that is to blame.

Globally speaking, it is a very small percentage of the people on the planet that bear the bulk of the responsibility for the problems that we know so well.

Eight in ten people in the world live on $10/day or less. It is not these people that are responsible for the deprivation of nature. So, it’s more about how you live than that you live. Blaming ‘Humanity’ for the multiple existential crises we face seems disingenuous at best.

 

There’s a similar misapportioning of blame regarding agriculture.  Globally, agriculture is responsible for about 30% of primary energy consumption and 34% of Greenhouse Gas emissions.

However, five of every six farms in the world consist of less than two hectares, operate only around 12 percent of all agricultural land, and produce roughly 35 percent of the world's food while accounting for less than 20% of agricultural greenhouse gas emissions.

So, again, it’s more about how you farm than that you farm.

 

Our farm, Guibi-no-mori, produces nutrient rich, flavourful, healthy and abundant food without any chemical or fossil fuel based inputs whatsoever. We grow and tend our crops largely by hand with minimal mechanisation, our vegetable and fruit production is completely no-till and, by growing a mind-boggling diversity of crops, we keep the soil disease free and abundantly fertile.

 

You could be forgiven for thinking that growing and selling food is the reason we run our farm. However, in truth, food production is a consequence not the objective of our land stewardship.

 

As I said at the beginning, we aim to produce a little piece of paradise here. A place to inspire. A place to spend time. A place to fall in love with. A place that encourages the return of humanity.

If you've got the stomach for it, Crip's "Long Read" is here.

私たちは2010年に都会を離れ、農場となる土地に引っ越しました。

コンクリートと汚染にうんざりしていた私たちの目標は、小さなパラダイスをつくることでした。

私たちは、人間も自然の一部であり、木や虫や空と同じようにここに存在する権利があると信じています。

多くの人が、自然の劣化や破壊は「人類」のせいだ、人類が直面する気候危機をもたらした、人類がいなければ世界はもっと良くなっていた、と言いますが、私たちはそうは思いません。

私たちは、人間性の欠如が原因だと考えています。

世界的に見れば、私たちがよく知っている問題の責任の大部分を担っているのは、地球上のごく一部の人々なのです。

 

世界では10人に8人が1日10ドル以下で生活しています。自然を奪っているのは、この人たちではありません。つまり、「生きること」よりも「どう生きるか」が重要なのです。私たちが直面している複数の存立危機事態を「人類」のせいにするのは、最高に不誠実な行為に思えます。

 

農業に関しても、同じような責任の転嫁の仕方があります。 世界的に見ると、農業は一次エネルギー消費の約30%、温室効果ガス排出の34%を担っています。

しかし、世界の5/6(約83%)の農場は2ヘクタール未満の農場であり、農地全体の約12%の運営にも関わらず、世界の食糧の約35%を生産し、農業による温室効果ガス排出量は20%未満なのです。

という事は、世界の小規模農業は、世界の大規模農場よりも、生産性が高く、さらに公害を起こす割合は低いのです。

つまり、「農業をすること」よりも「農業をする方法」が重要なのです。

 

私たちの農園「グイビの森」では、化学肥料や農薬を一切使わずに、栄養豊富で美味しい、健康で豊かな食品を生産しています。野菜や果物の生産は完全に不耕起により、驚くほど多様な作物を栽培することで、病気知らずで肥沃な土壌を維持しています。

 

私たちが農場を運営しているのは、食料を生産し販売するためだと思われても仕方がありません。

しかし、実は食糧生産は私たちのランド・スチュワードシップの目的ではなく『結果』なのです。

 

冒頭で申し上げたように、私たちが目指しているのは、ここに小さな楽園をつくることです。インスピレーションを与える場所。時間を過ごす場所。惚れ惚れするような場所。人間性の回復を促す場所。これらを創り、ここで生きて行くことなのです。そして『人類を含む全ての生き物と自然が調和して生きていける未来のために』をテーマに、農園づくりを目指しています

IMG_1668.jpg

Our History

 

2008.4

Fed up with concrete, pollution and precarious employment, we thought of creating a small paradise away from the hustle and bustle of the city. We began to think seriously about agriculture.

 

2009.6

Decide to leave the city and start search for land.

 

2010.4

Found the place that will become our farm.

 

2010.5

Obtained a Permaculture Design Certificate at Ourganics in Devon, UK.

 

2010.6

Land reclamation begins while experimenting with recycling-based farming methods using natural resources.

 

2011.5

Primary infrastructure work continues, first fields reclaimed and put into production for personal use. Named our land "Guibi no Mori”.

 

2012.4

Constructed a yurt on our land so we could live and work in one place.

 

2013.6

Lifeline infrastructure work was completed whilst simultaneously proceeding with field projects, .

 

2016.4

Started to sell our own naturally cultivated produce without pesticides, chemical fertilisers, and no-till cultivation, valuing the cycle of nature.

 

2017.4

Established the brand “Kocomo Natural Garden".

 

2018.3

Acquired more land in neighbouring Kamikayama, Shoo-cho.

 

2021.9

Move emphasis from cultivating small quantities of a wide variety of annual vegetables to cultivating elderberries and other perennials.

 

2022.3

Start processing and selling value added food products to secure winter work and reduce food-loss.

 The first processed product, "Amazake", goes on sale.

これまでのあゆみ

 

2008.4

コンクリートと汚染にうんざりしていた私たちは、都会の喧噪から逃れて小さなパラダイスをつくることに思いを馳せる。農業を真剣に考え始める。

 

2009.6

街を離れることを決意し、土地探しを始める。

 

2010.4

農園となる場所を見つける。

 

2010.5

イギリス・デボンのOurganicsでパーマカルチャーデザインの資格を取得。

 

2010.6

自然資源を用いた循環型の農法を試しながら整備が始まる。

 

2011.5

第一次基盤整備を行い、最初の畑を開墾し、自家用に生産開始。この土地を「グイビの森」と名付ける。

 

2012.4

住む場所と働く場所が一体となる、ゲル完成

 

2013.6

ライフラインのインフラ整備を完了し、同時にフィールドプロジェクトを推進。

 

2016.4

自然の循環を大切に、無農薬・無化学肥料・不耕起栽培の自然栽培の農産物の販売を開始。

 

2017.4

「Kocomo Natural Garden」を設立。

 

2018.3

近隣の勝央町上香山に土地を追加取得。

 

2021.9

少量多品種野菜を中心とした作物の栽培からエルダーベリーの栽培に重点を移す。

 

2022.3

新しく農産加工製造販売に取り組み開始。

加工品第一弾として「あまざけ」を発売。

bottom of page